< 熊弐拾号 原村I別邸新築工事 >
別荘地の為様々な建築条件が緩和されているので、かなり造形表現として自由なアプローチを
可能にしています。現代木造の和建築としての表現として、新しい庵とは何か、考えてみました。





















Copyright (C) 2005 KUMA KOUBOU. All Rights Reserved.